症状に合わせて選ぶ育毛剤と発毛剤~髪の毛を生やす方法~

髪の毛の悩み

将来ハゲてしまわないか不安という方は、AGAや薄毛になる可能性がないかチェックしてみましょう。AGAや薄毛の特徴が当てはまってしまった場合の解決方法も一緒に紹介していくので参考にしてみてください。

AGAや薄毛になる可能性がある方の特徴

  • 家族に髪の毛が薄い人がいる
  • 以前より抜け毛が増えた
  • 最近髪の毛のハリやボリュームが無くなった
  • 思春期以降に髪の毛が薄くなった
  • 薄毛が進行している
  • 額部分が薄くなってきた
  • 頭頂部が薄くなってきた

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤

薄毛が気になってきた方は、薄毛対策を行うために育毛剤や発毛剤を使用するという方もたくさんいるのではないでしょうか。育毛剤には、細くなった髪の毛を、太く丈夫な髪の毛に育てるという効果があります。また、頭皮の炎症を抑える効果もあり、生えている髪の毛を成長させる効果があるのです。AGAに効果のある育毛剤もあるため、そのような育毛剤を使用したい方はクリニックに相談してみましょう。

発毛剤

発毛剤は育毛剤と違い、今ある髪の毛ではなく、髪が抜けた頭皮に刺激を与えて新しい髪の毛を生やすという効果を期待することができます。細胞の発毛効果を促すため、抜け毛が多い方にも効果があります。

症状に合わせて選ぶのが大切!

育毛剤や発毛剤を選ぶ場合は、自分の症状に合わせて選ぶことが大切なポイントです。どのような商品を選んだらいいのかわからないという方は、比較サイトを利用したり、クリニックを利用してみましょう。博多に住んでいる方は、博多内でクリニックを探すことで通いやすいクリニックを見つけることができます。

[PR]博多でAGA治療をはじめよう
人気クリニックをピックアップ☆

[PR]植毛治療の値段相場を要チェック!
薄毛・抜け毛の悩みを解消☆

[PR]人気の高い発毛剤を厳選特集☆
効果の高さを実感しよう

[PR]頭皮に合った育毛剤がきっと見つかる♪
優良商品の口コミ評価を大公開

[PR]スカルプシャンプーならharuがオススメ!
効果の高さを公開中

育毛剤や発毛剤の他には?薄毛に悩む方へ教えたい治療法

男の人

植毛を行うクリニックもある

薄毛を改善させる方法として育毛剤や発毛剤を使うこともありますが、他に植毛というものがあります。頭皮に直接毛を植えることができますが、人工の毛を植毛した場合は拒否反応が起こってしまい頭皮に炎症が起きてしまうこともあるので注意が必要です。しかしそのような拒否反応が起きてしまわないよう、自分の髪を使って毛が薄くなった頭皮部分に移植するという施術方法もあります。

植毛にかかる費用

クリニックで植毛をしてもらう場合の値段は、人工毛の植毛なら1本300円前後、自分の毛を移植する場合は1本500円前後となります。自分の毛を移植する方が1本あたりの値段は高くなりますが、人工毛のように定期的なメンテナンスが必要ではないので、メンテナンスの費用も考えると自分の毛を移植する方法がお得といえるでしょう。

広告募集中